製品紹介

KMα

【上部排出遠心分離機】

最も広く使用されている上部排出型の竪型遠心分離機の基本形です。構成材質はそれぞれの用途や条件によって、ステンレス製、テフロンライニング製、ゴムライニング製などの製作も可能です。

特長

  • 簡単な操作で使いやすく、少量多品種の分離に適しています。
  • 手動操作式が標準ですが、自動操作式の各種装置を組み合わせた特殊仕様のものも製作しております。

オプション一覧

排気還流装置

ケーシング部に取り付け、排液口からの排気をバスケット内部に還流し、分離効果を高め、N2の消費量を抑制します。

保温、保冷ジャケット

ケーシングにジャケットを取り付けスチームなどで保温、冷却水で保冷し、最適な分離温度による定温運転を維持します。

バスケットリフトアップ

バスケットが上がることによって、ケーシング内部及びバスケット底の 洗浄が容易に出来、オペレーターの負担軽減並びに品質向上に貢献致します。

動画

カタログダウンロード

総合カタログダウンロード

※外部サイトへ移動します。

総合カタログ内にこちらの製品が含まれております。

space

PAGE TOP