製品紹介

M Series

【切削油のリサイクルで経費節減】切削屑脱油遠心分離機

高価な切削油の回収、再利用及び環境公害防止は重要な課題です。
連続式切削屑脱油用遠心分離機M Seriesは当社が脱油用遠心分離機のパイオニアとして永年研鑚してきた技術と実績により製作しました。

切削油の回収を自動連続運転で行うため、切削油と人件費のダブルで経費削減が可能です。

リサイクル・環境保全活動のため、自動車・バルブなど金属加工を行う多くの業界で使用されています。

切削屑を投入して連続で脱油処理ができるので処理量が多く、消耗部品がないためメンテナンスコストも抑えられることで、大手自動車メーカー各社様での多数の納入実績があります。

近年は海外、タイ、シンガポール、マレーシア、台湾、韓国、中国などの企業様でも多くの切削屑脱油機をお使いいただいています。


■切削油リサイクルシステムをご提案■
切削屑脱油遠心分離機だけではなく、切削油をリサイクルするためのシステムを総合的にご提案可能です。
・切粉破砕機(チップクラッシャー)
・切削くずを運搬するベルトコンベア
・遠心分離機架台
・切削屑を分離機に入れる自動供給装置
・アルミや銅の中に鉄が混入している場合、鉄などの異物を除去するためのマグネットセパレーター
などを当社の豊富なノウハウとネットワークを用いてご提案いたします。

特長

  • 短時間で大量の切削油の回収が可能。連続式なので処理量が多く、短時間で大量の切削油の回収が可能です。
  • 保守・点検が容易。構造がシンプルで直結型モーターなので保守や点検が容易です。
  • どんな切削屑でもお任せください。切削屑の形状や大きさによってろ過スクリーンを変更。破砕機なども切削屑にあわせてご提案いたします。
  • 振動が少なく、工場の建物負担が少ない。防振に正三点懸垂方式を採用。振動を充分に吸収して運転がスムーズ。工場の建物の負担を減らします。
  • ランニングコストを抑えることが可能。バスケットの回転は特殊電動機による直結型のため、Vベルト、ブレーキ、フリクションクラッチ等の消耗部品がないため導入後のランニングコストを抑えることができます。

動画

外形図

M-0型
m.spec1

M-I型
m.spec2

仕様

M-0型 M-I型
バスケット寸法(m/m) 直径400
深さ250
直径695
深さ380
毎分回転数(r.p.m) 1,750(60Hz)
1,450(50Hz)
1,125(60Hz)
950(50Hz)
電動機(特殊構造)(kW) 2.2 5.5
遠心分離機重量(kg) 1,000 2,300

処理量

M-0型 M-I型
鋼鉄(ton/hr) 0.3~0.4 1.8~2.5
鋳物(ton/hr) 0.3~0.4 2.5~3.5
黄銅(ton/hr) 0.5~0.8 2.8~3.8
アルミニウム(ton/hr) 0.1~0.2 0.8~1.1

切削屑の処理量(1時間当り)処理する切削屑の寸法により相違があります。

カタログダウンロード

【Mシリーズ】カタログダウンロード

※外部サイトへ移動します。

space

PAGE TOP